新鮮なカクタス(サボテン)オイルをモロッコからお届けします

Cactus Beauty 100% PURE ORGANIC CACTUS SEED OIL

美容オイルを使うと
ニキビは悪化するの?

ニキビには油が大敵!と言われるので、美容オイルを使ったお手入れは少し心配になることと思います。しかし、オイルがニキビの直接の原因ではないので、美容オイルを使ったからといって必ずしもニキビが悪化するとは言えません。ニキビと美容オイルの疑問について解説します。

美容オイルとニキビ。ニキビはなぜできる?

アクネ菌は常在菌。健康な肌にもいます

ニキビとは、毛穴に溜まった皮脂や汚れにアクネ菌が繁殖し、炎症を起こした状態のことを言います。
アクネ菌は自然界のどこにでもいる菌で、特殊な病原菌ではありません。人間の体には健康な状態でも様々な細菌が住み着いています。その数は、人間の体の細胞数よりも多いのです。
平均的な男性の体は30兆の細胞でできており、細菌数は40兆という論文があります(この数については、様々な説があります)。ビックリですよね!
サルモネラ菌やペスト菌などの有害な細菌もありますが、人間にとってよい働きをする細菌もいます。腸内環境を整えるビフィズス菌は有名ですね。
こういった菌は常在菌と呼ばれ、人間に住み着いて共生関係を保っています。
さて、アクネ菌は良くも悪くもなるというちょっと日和見的な菌です。

アクネ菌も人間を守る働きがある

アクネ菌は有害な菌と思わるかもしれませんが、通常は人間にとってよい役割を果たしています。
アクネ菌は肌を弱酸性にし、他の微生物の侵入や繁殖を防いでくれているのです。皮脂膜のバリア機能が高まれば健康を保て、強く美しい肌になります。
そもそも肌は、体の内部を外の世界から守るお城の壁、そこに住み着く常在菌は衛兵のようなものです。
ですから、菌がいるなんて気持ち悪い!と肌を殺菌しようとするのは自ら城壁を脆くしてしまうようなもの。
しかし、普段はお城を守る真面目なアクネ菌が、柄の悪い不良兵隊になることがあります。その結果生じるのがニキビです。

アクネ菌が増えすぎるとニキビになる

アクネ菌は健康な肌の上にいる場合は、適度な量を保っています。しかし、肌トラブルが起こると、過剰な皮脂、汚れた皮脂をエサに激増します。アクネ菌が脂質を分解すると、毒性のある過酸化脂質を生み出し、炎症を引き起こします。これがニキビの正体。
アクネ菌は空気が少なく脂肪分が多いところで増殖します。ですから、角栓や面皰(めんぽう)はアクネ菌の格好のエサ場と言えます。
健康な肌であれば、ターンオーバーが正常に働き、皮脂が溜まる、角栓が肥大するということはありません。アクネ菌が増殖する環境を作らないためには、ターンオーバーを正常にすればよいのです。

誤解してはいけないのは、
「アクネ菌が肌トラブルを起こす」というよりは、
「肌トラブルがあるからアクネ菌が増えてニキビになる」ということです。
これがわかると、ニキビの予防法、対処法も変わってきますよね。

皮脂は美肌の鍵。「あぶら」を悪者視しないで

皮脂の大切な役割

皮脂や角栓をエサにアクネ菌が増殖するなら、洗顔を徹底して皮脂を落とし、パックやマッサージで角栓をごっそり取り除けばいいのかというと、そんなに簡単な話ではありません。
これをするとニキビがさらに悪化する可能性があります。
なぜなら、皮脂もまた、肌を守る重要な働きをしているものだからです。
肌の「うるおい」は水分だけでできているわけではありません。
皮脂は表皮の角質細胞をつなぐ役割があり、これによって肌の保水力が保たれています。
また、皮脂膜は肌の表面を覆う膜となって水分の蒸発を防いでいます。
皮脂を過剰に落とすと肌の保水力がなくなり、バリア機能が低下します。
すると、前述の通り肌トラブルが起き、ニキビができやすくなってしまうのです。
皮脂が奪われると、体が危険を感じて皮脂の生産を増大させるので、これが角栓の元となったりもします。

多くの人が洗いすぎ、皮脂の取りすぎ

「肌トラブルがニキビを引き起こす」という順序で考えると、まず大切なのはバリア機能が高い健康で強い肌を作ること。皮脂の取り過ぎは逆効果。健康な肌には適度な水分と油分が必要で、そのバランスが大事です。
肌のためにと毎日しっかり洗顔される方は多いと思いますが、これが「洗いすぎ」であることが最近わかり始めています。

日常生活で出る肌の汚れは、実はぬるま湯の洗顔だけでほとんど落とすことができます。肌は自然にターンオーバーするので、本来汚れは勝手に排出され、水分と皮脂のバランスも、勝手に調整されるのです。
ところが、私たちは毎日洗顔料や石けんで顔を洗わずにはいられません。
日中は日焼け止めやメイクが欠かせませんから、これは仕方ないですよね。
そこで、水分と油分の補給をメインとしたケアが必要なのです。

シンプルケアで水分と油分の調整を

洗顔後のお手入れに、拭き取り化粧水、導入化粧水、化粧水、美容液、クリーム、乳液と、色々使っている方は多いでしょう。
高価な美容成分の入ったものはリッチな気分でお手入れも楽しく、期待が高まります。ですが、毎日これらをする必要はありません。日常的なお手入れは、化粧水と美容オイル1~2滴だけで十分です。
洗顔後のお手入れの目的は、奪いすぎた水分と油分を補給することだからです。

 色々使わなくてもいい理由は、こちらの記事もご覧ください。
 →「究極のシンプルケア。美容オイルがいい理由」

ニキビと美容オイルの付き合い方

オイルで悪化する?皮脂の多い若い方

ある程度年齢を重ね、水分量も皮脂量も落ち着いている方は、美容オイルはニキビの原因にはなりません。
多くの方が、メイク落としと洗顔料のダブル洗顔によって皮脂を落としすぎている状態だからです。
乾燥するのにべたつく、大人ニキビが治らないという方は、皮脂が足りずに肌荒れを起こしているケースが多いので、適切なケアでよくなっていきます。

しかし、美容オイルが合わないという例もやはりあります。
それは皮脂の分泌が盛んな若い方。
オイル美容は足りない皮脂を補うためのものなので、すでに足りている方には必要なく、過剰な油分となってしまいます。
過剰な油分はアクネ菌のエサになりますから、ニキビが悪化する可能性があります。

すでにニキビがある時、美容オイルを使ってもいい?

乾燥、ストレス、栄養不足など、「多すぎる皮脂」が原因ではない大人ニキビには、美容オイルを使ってもかまいません。特に、乾燥が原因のニキビには、肌状態が健康になることでニキビを根本から治していく効果があります。
ニキビがある時は、オイルを付けすぎないよう、ほんの一滴を薄くのばします。

ただし、オイル自体はニキビの炎症を抑える効果はありません。あくまでも健康な肌を作るという目的のケアなので、即効性は期待できません。

ニキビの「治療」には処方箋薬を

ニキビ発生の順番は、「肌トラブル」→「ニキビ」ですが、すでにニキビがある状態なら、炎症を鎮めて治療しないと健康な肌を取り戻すのに時間がかかります。

スキンケアよりもまずは治療の方が大事。
皮膚科に行きましょう。

病院に行くのが面倒だからと、ドラッグストアでニキビ用ローションやパウダーなどにすがりたくなりますが、化粧品は治療を担うものではありません。市販のニキビ用ローションは、肌をさっぱりさせたり皮脂量をコントロールする働きがありますが、すでにあるニキビを治すという期待はあまりできません。
特に、傷口があるようなニキビの場合は薬で治療するのが先決です。

まずは薬できちんと治し、落ち着いてきたら化粧水とオイルのケアをしていきましょう。


Summaryこの記事のまとめ

アクネ菌は誰もが持っている常在菌です。ニキビになる原因はアクネ菌が増殖しすぎるため。アクネ菌が増殖するのは、ターンオーバーがうまくいっていない証拠。健康な肌を取り戻すためにも、シンプルケアで水分と油分の補給を行いましょう。皮脂は必要なものなので、とりすぎないのがケアのコツです。

関連記事
オーガニック上級者も納得できる高品質オイル